本物を広める最前線での仕事

惣菜をつくるだけじゃなく、
考えて、仕掛けて
成城石井ファンをつくる。

内製惣菜

萩ノ谷 知樹

キャリア
2017年4月入社。惣菜部門の内製惣菜担当として浜田山店に配属。
トリエ京王調布店立ち上げに伴い、オープニングスタッフとして異動。

Q1成城石井に入社した理由は?

とにかくおいしいものを食べるのが好きで、いろんな食品について知りたかったし実際に扱う仕事をしたいと思っていました。家の近くに成城石井の店があり、単純ですが「おいしそうな商品がたくさんあって仕事が楽しそうだな」と思ったのがきっかけです(笑)。大学は食環境科学部という化学系の学部で、人間の嗅覚や味覚について学んでいました。その学部の出身者の多くは食品メーカーや香料会社に就職するので、スーパーマーケットに就職した私は少し変わり種だったかもしれませんが、楽しく仕事ができているので入社してよかったなと思っています。

Q2内製惣菜担当の楽しいところとは?

成城石井の中でも売場が広い店にはキッチンがあり、惣菜を店内で製造しています。私の仕事は売れ行きを予測しながら惣菜を製造したり、材料の発注、アルバイトさんへの指示などを行うことです。面白いのはお店によって売れるものが全然違うことや、同じ店でも曜日・時間帯・天候・地域のイベントなどによって日々変化があること。例えば、ここ調布店では、なぜか焼いもが他店の10倍近く売れます。またヘルプに行ったことのある国分寺店では一人暮らしの方が多いのか少量パックが売れ、逆に調布店では大型のパックが売れるのです。複雑に絡み合った要素をふまえて商品構成を考え、良かった点、改善すべき点を分析しながら売上を伸ばしていくのが楽しいですね。

Q3売れるとやはり楽しい?

もちろんです。以前ケーキバイキング企画を3日間限定でやったときは見事完売!うれしかったですね。また、内製惣菜担当だからひたすら惣菜をつくるというわけではなく、お客様と接する機会もけっこうあります。例えば調布店はピッツァ用の石焼き窯のある場所がガラス張りになっていて、そこから「熱々を持って帰りたいからピッツァを焼いて」とお声がかかったり、メニューに関する質問いただいたり。ピッツァを焼くのに数分かかるので、ただお待たせするのではなくその間お店を1周し、楽しんでいただけるのも成城石井ならではじゃないでしょうか。

Q41日の流れを教えてください

内製惣菜は朝が早くて、その分帰りも早いのが特徴です。始発で出社して6:00から製造開始。7:00にパートさんたちが出社するのでその日の製造内容を指示します。昼のピーク手前の11:00までにほとんどの製造・品出しを終えて、12:00までの1時間が休憩タイムです。午後は夕食向け商品の仕込みや、売上を見ながら足りなくなりそうな商品の追加製造、明日の分の材料発注を行い、15:00終業となります。残業はほとんどないですね。どんなに遅くとも16:00には帰ります。入社1年目は仕事を覚えるのに手間取ることも多いですが、徐々に慣れてくるとスケジュールが安定してくるので、その点は安心して大丈夫です。

Q5休みの日の過ごし方は?

休日出社はないですし、シフトで日頃から連休もしっかりとれるので思い切り遊んでリフレッシュしています。音楽が好きなのでライブに出かけたり、おいしいものを探して店巡りをしたり。けっこう国内旅行も行きますね。行先ですか?やっぱり食べ物目当てで決めます(笑)。2~3日あればその土地をだいぶ満喫でき、食べ物の勉強にも気分転換にもなって旅行はおススメですね。また、休みの日の話ではないですが、研修で本社に集まった時などは、同期みんなで飲んだりするのも楽しいですね。ワークライフバランスという点でも、成城石井の環境は満足度がとても高いですよ。

チャレンジしたい仕事

現在は内製惣菜だけを担当していますが、セントラルキッチンがつくる惣菜の発注業務をやってみたいですね。歴史のある定番品から最新のヒット商品まで、何がどんな時にどれだけ売れるのか、分析したいし陳列もいろいろ工夫して売ってみたいです!