本物を広める最前線での仕事

こだわりには、
人を魅きつける力がある。
私もそんな「熱」を持った
存在になりたい。

店舗

椎名 咲希

キャリア
2014年4月入社。横浜ランドマーク店の菓子・惣菜部門に配属され、店舗運営の基本を学ぶ。
その後、富ヶ谷店を経て現在は湘南店に勤務。(取材は富ヶ谷店当時)

Q1成城石井に興味を持ったきっかけは?

飲食店でアルバイトしていた経験から、「チームで何かをつくり上げること」が自分の仕事観とマッチしているという確信がありました。また、食べることも好きだったので、「チームワーク」「食」という2つの軸で会社を探している中で出会ったのが成城石井です。当時は自分には縁のない高級スーパーという印象しかなかったのですが、何となく参加した会社説明会で試食した商品のおいしさに感動。「高級なのではなくこだわりが凄いんだ」と、そのイメージが一変しました。

Q2最初の配属で学んだことは?

入社まで販売の経験が一切なかったので、ランドマーク店では品出し・陳列から接客、発注業務まで販売の基本を学びました。ランドマーク店では、数字を意識するようになったことが大きな変化です。毎日商品ごとの売れ行きを確認し、プッシュしたい商品があまり売れていない場合はその日のうちに陳列を変えてみる、など日常的に行いました。次の日にその商品の売れ行きを確認するのが本当に楽しみで(笑)。発注もこういった日々の動きを予測しながら行うのですが、最初は読み違いばかりでそちらは苦労しましたね。

Q3仕事のやりがいは?

やはり接客の楽しさです。とくに富ヶ谷店のような常連のお客様の多いお店では、「これからお呼ばれなんだけど、オススメのお菓子ある?」「今晩の献立、何がいいかしら?」など、多くの会話が生まれます。時には別のお客様に教えていただいた、惣菜にひと手間かけるアレンジをご提案することも。後日「あの商品おいしかったわよ」とお言葉をいただいた時は大きなやりがいを感じます。しかし“おいしさ”とは人によって違うもの。自分の好みを押しつけるのではなく、会話の中でお客様が本当に求める味を探り、提案していくことが大切だと実感しています。

Q4何か印象深い失敗談はありますか?

それはお花見シーズンの大量発注事件です(笑)。代々木公園が近い富ヶ谷店では、例年お花見用の惣菜が大量に売れます。惣菜担当の私は昨年の販売データや開花予想を分析し、万全の準備を進めてきたのですが、なんとお花見ピークとなる週末が大雨の予報。仕入れをやめるか・・・。でももし予報が外れたら、期待して来店された大勢のお客様をがっかりさせてしまう・・・。悩んだ挙句、私は大量発注を決行したのですが当日は大雨でした。通常とは桁の違う大量在庫。他の店舗にも引き取ってもらい、何とか事無きを得ましたが、その時は相当焦りましたね。「また同じような状況になったらどうするか?」ですか。うーん、可能性があるならやっぱり大量発注しちゃうと思います(笑)

Q5失敗が怖くないのですか?

実はこの時、店長や惣菜担当のSV(スーパーバイザー)からは一切怒られませんでした。むしろ一緒に他店に引き取りをお願いしてくれたりと、リカバリーを支援してくださいました。もちろん私はこの一件からたくさんのことを学びましたが、今回の失敗は準備も重ね、お客様のためを思って起きたもので、手を抜いたり逃げたりした結果の失敗ではない、と。成城石井は、そこをしっかり見てくれる会社なんです。会社説明会で感じた「お客様においしいものを届けたい」というこだわりは、商品開発だけの話ではありませんでした。目指すものがはっきりしている成城石井でなら、私は今後もお客様のために「前のめり」でいられると思います。

チャレンジしたい仕事

店舗の中心的存在としてスタッフをまとめあげる店長に憧れを感じます。目指すのは、「一緒に働く人を楽しくできる存在」。私の「信念」「熱」をしっかり伝えた上で、四季のイベントなどお客様もスタッフも巻き込むような楽しい企画を打ち出していきたいです。